耳が聞こえない少女硝子と、心を閉ざす将也の成長を描く。山田尚子監督の新作映画「聲の形」を視聴できるサービスを紹介します。配信期間などもご参考ください。




(・・・現在調査中)
 

聲の形 動画 フル 無料視聴

インターネット配信サービスの登録特典を利用して映画「聲の形」を無料視聴できる場合、このページを更新して皆様にお知らせ。現在、配信の予定を個人的に確認している状況ですので、新しい情報はありません。新作映画のネット配信はレンタル・DVDの発売日に行われることがおおいので、まずは映画「聲の形」のDVDリリース日の情報を待ちましょう。

新作映画は、下記3つの配信サービスでネット動画配信されます(DVD発売日又は、レンタル同日)。

新作映画も登録特典で1本無料視聴が可能

 

無料視聴できる動画配信先一覧

映画「聲の形」のような新作を動画配信で無料視聴する場合は、ユーネクスト、auビデオパス、TSUTAYATVの特典利用がお得です。お試し期間が30日以上あり、この間に解約すれば月額も要りません。※聲の形の配信はまだなので今後の情報をお待ち下さい。
 

U-NEXT(ユーネクスト)の動画配信

 

>>U-NEXT

月額無料お試し期間:31日

特典ポイント:600ポイント

«新作映画動画に必要なポイント»
540ポイント

>>U-NEXT

TSUTAYADISCASの動画配信

 

>>TSUTAYA TV

月額無料お試し期間:30日

特典ポイント:Tポイント(1point1円)利用可能
​&毎月1080ポイント付与

«新作映画動画に必要なポイント»
400~500ポイント

>>TSUTAYA TV

ビデオパス(au)の動画配信

 

>>auビデオパス

月額無料お試し期間:30日

特典コイン:540コイン

«新作映画動画に必要なコイン»
500コイン

>>auビデオパス

 

映画「聲の形」作品紹介

​映画聲の形は最近のアニメの長編映画でイチオシの作品。「君の名は」が社会現象になるほど大ヒットして影が霞んでいる印象ですが、聲の形は本当に見てよかったと思える映画です。

原作は漫画で障害やいじめを取り扱っていて、テーマとしては重い内容ですが、京都アニメーション(制作会社)ならではの画のきれいさ、キャラのかわいさで、あっというまに作品に入り込みます。観客を泣かせにかかるのではなく、気がつくと涙が溢れているシーンが何ヶ所も。。。

山田尚子監督の新作映画「聲の形」は、幅広い年齢の方に観てほしい作品!

 

聲の形 キャスト スタッフ

(キャスト)
石田将也・・・入野自由
西宮硝子・・・早見沙織
西宮結弦・・・悠木碧
永束友宏・・・小野賢章
植野直花・・・金子有希
佐原みよこ・・・石川由依
川井みき・・・潘めぐみ
真柴智豊・・・永利行
石田将也(小学生)・・・松岡茉優

(​staff)
監督・・・山田尚子
原作・・・大今良時
脚本・・・吉田玲子
キャラデザイン・・・西屋太志
美術監督・・・篠原睦雄
色彩設計・・・石田奈央
美設定・・・秋竹斉一
撮影監督・・・高尾一也
音響監督・・・鶴岡陽太
音楽・・・牛尾憲輔
主題歌・・・aiko

映画「聲の形」の見どころ

​「君に生きるのを、手伝ってほしい」 2016年9月17日に公開の映画『聲の形』に登場する主人公・石田将也のセリフは、とても感銘を受けます。身の回りの人にこのような、まっすぐな言葉が言えますか?私はきっと、意地を張って言えません。 将也が小学校時代に転校して来る少女・西宮硝子は先天性の聴覚障害を持っており、将也はそんな彼女を揶揄ります。

将也の行いは決して良いこととは言えません。けれど過去の自分とちゃんと向き合って、高校生に成長して自分なりに解決をしようと努力をしている姿がすごく印象です。

硝子と再会し、自分達の伝えられない言葉や気持ち、思いを手話に乗せて会話するシーンが度々あります。心の中で自問自答を繰り返して「これあってんのかな?」と何処か照れ臭そうにしてる将也は自信なさげに言うが、硝子は嬉しそうに笑顔を零して、見ているこちらが少し恥ずかしくなる場面も多々あります。

硝子は音を遮断されている世界に生きている、彼女の繊細な感情に比例するように流れる音楽は、ピアノです。ポロロン、ポロロン。涙か、汗か、もどかしい思いか、まっすぐな気持ちか。全てを物語るかのように、心に訴えかけくる。その音楽が硝子だけではなく、登場するキャラ全員にストンと落とし込まれるような魅力的なメロディが奏でられています。 繊細だけど、それ以上に強い思いが彼らを繋ぐ。

貴方も、彼らの物語に、ぜひ会ってみませんか?

 

聲の形の感想・口コミレビュー

映画「聲の形」は、初めは耳の聞こえないヒロインを主人公がいじめていたので2人が恋仲になるのは納得行きませんでした。でも、主人公にバチが当たりそれを素直に受け止め反省していく様子をみて安心。主人公は、過去にヒロインをいじめていたことをひどく後悔し重く受け止めていたので更生し優しい人になれるのだと思う。

その後、成長してヒロインを命がけで助けたり、周りの人間の考えを良い方向に変えたりと、かなり前向きに主人公とヒロインがくっついて欲しいなと思うようになりました。

終盤、ヒロインを助ける代わりに主人公が転落してしまって意識が戻らなかったとき、ヒロインが声にならない声で主人公の母親に土下座しながら謝るシーンは思わず号泣。全体的にストーリーがゆるりと進んでいく為、少し長く感じるので余裕のあるときに観るのがオススメです。

こんな意見も

転入生、しかも耳が聞こえないという自分達が初めて接する人に対する小学生時代のキャラクター達の反応が、きわめてリアル。大人でも、自分達と違うものを見ると、多少排他的になることもあるとはおもうが、小学生ならではの無邪気な残酷さをしっかりと描写していて好感を持てました。作中では主人公以外にもキャラクター達がそれぞれ、対立し、傷つき、悩むが、そういう描写もとてもよかった。

そして、この作品を見ることで手話や聴覚障害に関して「もう少し知ってみたい」「調べてみよう」と興味がわき、今では手話を習っています。聴覚障害を持つ人に出会うことはあまり多くありませんが、この作品を見ることで、自分の知らない世界に足を踏み入れることが出来ました。原作となるマンガも集めようと思っています。

更新情報

(2017/03/25)
川井みき役の潘めぐみさんって、潘恵子さんの娘さんなんですね。。。ということは、アテナの娘か(*_*)

© 2017 聲の形 動画 フル 無料 rss